営業日カレンダー
« 2017年12月»
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
  • 休診日
携帯電話で閲覧・予約できます

WEBサイト
しのだ歯科医院_ホームページ閲覧用QRコード

予約画面
しのだ歯科医院_WEB予約用QRコード

しのだ歯科医院の所在地

〒990-2482
山形市久保田1丁目8番14-2

大きな地図で見る

クレジットカードが利用できます

UFJカード支払い可 MASTERカード支払い可 VISAカード支払い可 JCBカード支払い可 NICOSカード支払い可 DCカード支払い可 MUFGカード支払い可 ディスカバーカード支払い可

営業日カレンダー
« 2017年12月»
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
  • 休診日

親知らずの抜歯

 

親知らずの抜歯

親知らずとは、一番奥の歯、つまり、永久歯の第三臼歯のことで、上下合わせて4本あります。智歯とも呼ばれています。もっとも、親知らずがない、あるいは全部そろっていない人もおります。

この親知らずは、歯ぐきの炎症を起こしたり、歯周ポケットを深くしたり、むし歯になりやすいなどの原因になることが多いのです。そのようなケースでは抜歯が必要な場合があります。

なお、病気の原因となっていない親知らずは、移植・再移植(詳細は歯の移植・再移植をご覧ください)に備え温存する場合もあります。

詳しくは、医師にご相談下さい。

親知らずの抜歯について

親知らずの抜歯について

親知らずは、永久歯が全部生えそろってから出てくるので、歯を支える骨格が小さくなっている現代人の場合は、親知らず(第三臼歯)が生える場所がなく、歯の列から外れたところから生えてきたり、ナナメや横向きに生えたりする場合が多いのです。

左写真の親知らずは、比較的まっすぐ生えているので、痛みはありません。しかし、親知らずの周囲は歯肉が炎症を起こしています。

 

また、親知らずは次のような症状も引き起こします。

親知らずの抜歯について

親知らずがあると、歯肉の感染が発生します。主に、腫れや発赤、疼痛などの症状が起こります。

親知らずの抜歯について

親知らずの周辺は歯磨きしにくく、隣の歯(第二大臼歯)がむし歯になりやすくなります。

親知らずの抜歯について

歯周ポケットが深くなり、細菌が溜まりやすく感染性の炎症を起こします。

 

また、これらの症状以外にも、あごの関節が痛くなる、歯並びが悪くなるなどの症状も引き起こします。

このように、歯がきちんとでていないために、第二大臼歯がむし歯になったり、親知らず(智歯)の周囲が炎症や感染を起こしたりして、場合によっては酷く痛みがでてしまうからです。

特に、現代人のあごは、小さくなっているために親知らずがキチンと生えるスペースがない場合が多いと言われています。

パノラマレントゲンと口腔内写真による親知らずの状態

パノラマレントゲン

パノラマレントゲン

痛みが強い親知らずです。このような状態だと、抜歯が必要です。

口腔内写真

口腔内写真

このような場合は抜歯となるケースが多いです。

 

治療前

治療前

少々解りにくいですが、歯ぐきの中に親知らずがあります。隣の歯を圧迫しているので痛みがあります。

このケースでは、第二大臼歯を抜歯しました。(親知らずの手前の歯)

第二大臼歯のむし歯が大きく、さらに親知らずのために、歯がおかされて溶けてしまっています。

治療後

治療後

ケースによっては、親知らずを抜かなくても良い場合があります。この写真は、顎の中に埋まっている親知らずを抜かずに矯正治療で移動させました。

親知らずの抜歯の流れ

Step1.親知らずに当たりをつける

Step1.親知らずに当たりをつける

ドリルで歯を分割し、歯を削ります。

Step2.ドリルで歯を削る

Step2.ドリルで歯を削る

ドリルで歯を分割し、歯を削ります。

Step3.削った歯を取り出す

Step3.削った歯を取り出す

削った歯を取り出します。また、抜歯の際には、親知らずと神経や血管が近接している場合があるので、よく相談してから抜歯するかどうかをきめなければなりません。

Step4.歯の根っこの部分を取り出す

Step4.歯の根っこの部分を取り出す

歯ぐきに埋まっている歯の根っこを取り出します。この後、傷口を縫合いたします。

数日後、ご来院いただき経過を確認し、良好ならば抜糸を行い治癒を待ちます。

抜歯後の注意

  • 1.抜歯当日は、血液の流れが良くなるような次の事柄は控えて下さい。痛みが増す可能性があります。
  • 熱いお風呂に長時間つかる
  • マッサージ
  • 激しい運動
  • サウナ
  • 飲酒
  • 2.麻酔が効いたままだと、唇や頬をかんでしまう恐れがありますので、食事は麻酔が切れてから行って下さい。
  • 3.抜歯当日は、強くうがいしないで下さい。止血の妨げになります。なお、翌日からはよくうがいをして、患部を清潔にするようにしましょう。
  • 4.翌日まで唾液に血が混ざっていたりしますが、心配しなくても大丈夫です。
  • 5.麻酔が切れてくると、出血してくることがあります。丸めたガーゼをかんで、圧迫して下さい。
  • 6.痛みが出たときは、できるだけ患部を冷やして、暖めないようにして下さい。
  • 7.親知らずを抜いた場合、頬が腫れたり、お口が開きにくかったり、飲み込むときにのどが痛かったりします。長引くときは、連絡して下さい。