営業日カレンダー
« 2017年12月»
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
  • 休診日
携帯電話で閲覧・予約できます

WEBサイト
しのだ歯科医院_ホームページ閲覧用QRコード

予約画面
しのだ歯科医院_WEB予約用QRコード

しのだ歯科医院の所在地

〒990-2482
山形市久保田1丁目8番14-2

大きな地図で見る

クレジットカードが利用できます

UFJカード支払い可 MASTERカード支払い可 VISAカード支払い可 JCBカード支払い可 NICOSカード支払い可 DCカード支払い可 MUFGカード支払い可 ディスカバーカード支払い可

営業日カレンダー
« 2017年12月»
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
  • 休診日

かぶせ物・セラミック

 

冠の治療(かぶせ物・ブリッジ・セラミックス・ラミネートベニアなど)

むし歯の範囲が広く、強度の問題などでつめものができない場合、冠(クラウン)をかぶせ、形を整えます。

冠(クラウン)には、金属製のモノと歯の色に近いセラミックス製のモノなどがあります。

冠(かぶせ物)について

むし歯が進行してしまい、歯を削って治療しなければならない場合があります。そして、インレーや冠をかぶせます。歯の欠損が大きい場合、冠をかぶせるための土台(コア)を作ります。土台となる歯(支台歯形成)を作ったら、歯形を取り、歯形にあった冠を作成し、支台歯にかぶせれば治療完了です。

冠に使われる素材は、金合金や銀合金といった金属製のモノと、陶材のモノやセラミックス材のモノがあります。

冠(かぶせ物)
冠(かぶせ物)

金属冠、セラミック、ラミネートベニアなどの治療

ファイバーコア・メタルコア

むし歯の範囲が大きい場合は、強度の問題などでレジン充填(CR充填)やインレー処置では、対応できない場合があります。また、歯の神経の治療をした場合は、一般的に歯の根(歯根)に土台(コア)を立てて、その上から冠を被せます。(土台を立てずに済む場合もあります。)

神経までむし歯になった歯 神経までむし歯になった歯(レントゲン)
神経までむし歯になった歯 神経までむし歯になった歯(レントゲン)

むし歯治療を行い、適切な処置を行います。

歯の根に合成樹脂を詰めます。

詳しくは一般(むし歯治療)/小児歯科をご覧下さい。

むし歯になって、合成樹脂でつめた歯  
むし歯になって、合成樹脂でつめた歯 歯髄(神経)を詰めたあと

歯を削り、形を整えます。

健康な歯の神経  
健康な歯の神経 健康な歯の神経

型からできたコア(土台)を装着します。

健康な歯の神経  
健康な歯の神経 健康な歯の神経

前歯部
前歯部

このコアの後に、冠(かぶせもの)が入ります。

その後、金属冠やレジン前装冠や陶材焼付鋳造冠(せともの)や数種類のセラミック冠などをコア(土台)の上に装着します。

下のイラストと写真は、前歯のコア(土台)と冠の構造です。

臼歯部メタルコアの概要 臼歯部メタルコアのレントゲン
臼歯部メタルコアの概要 臼歯部メタルコアのレントゲン

コア(土台)

コア(土台)には、メタル(金属製)ファイバーポストコアなどがあります。(ファイバーコアは保険適用外です)

ファイバーコアは、やや弾力があり歯質との接着も歯が古くなければ有利です。また、水分があるので歯質にも優しいです。

歯を長持ちさせるためには、金属コアより有利となる点が多いです。

ファイバーコア メタルコア
ファイバーコア メタルコア

冠(かぶせものの種類)

保険のレジン前装冠や、メタルボンド冠(せともの)では、金属が使用されます。

レジン前装冠 セラミック冠

ハイブリッドセラミックやオールセラミック冠では、金属が使われていません。

ハイブリッドセラミックやオールセラミック冠 ハイブリッドセラミックやオールセラミック冠

 

歯ぐきのラインが下がり、金属のラインが見えています

金属使用のモノは、歯肉(歯ぐき)のラインが下がると金属のラインが見えてしまうことがあります。

また、金属により歯肉(歯ぐき)が黒ずんでしまうこともあります。

ファイバーコア+ハイブリッドセラミックス

ファイバーコアにハイブリッドセラミック冠が入って、全体の調和がとれました。

金属が使用されていないので上記の写真のような心配はありません。

治療前後

セラミックには、ハイブリッドセラミック、オールセラミックなどの種類があります。

金属を使わないかぶせ物は、歯ぐきが下がって、金属のラインが見えたり、歯ぐきに金属色が付いたりすることはありません。

ファイバーコア+オールセラミック冠

オールセラミック冠は、表面はせと(陶材)でできている為、ハイブリッドセラミック冠やレジン前装冠より色の変色がほとんどなく、ツヤや透明感もほとんど変化しません。

衛生的にも有利です。

ファイバーコア オールセラミック冠
  オールセラミック冠

メタルコア+(金属冠+ハイブリッドセラミック)

金属土台(メタルコア)にハイブリッドセラミック冠が入ったところです。

装着前後

生活歯(神経のある歯)へのハイブリッドセラミック冠

むし歯の深い部分を処置しました。その後、ハイブリッドセラミック冠が入りました。

装着前後

奥歯、大臼歯のハイブリッドセラミック冠

昔は強度の面で、大臼歯では金属を使用することがほとんどだったのですが、現在では大臼歯でも使用することができます。

ただし、ハイブリッドセラミック冠の強度は金属よりはやや劣ります。強度の面で考慮すればオールセラミックをお勧めしています。

奥歯、大臼歯のハイブリッドセラミック冠 奥歯、大臼歯のハイブリッドセラミック冠

下の写真は、オールセラミックやハイブリッドセラミックなどで治した下顎の写真です。

下顎前歯以外は人工物となっております。

正面写真 下顎写真

ラミネートベニア(審美歯科)

歯がすいています

左写真のような歯がすいている方などに有効です。

 

ホワイトニングなどでも、色の変色が治らないときや、すきっ歯前歯の歯並びの改善などで行う治療です。

表面を一層削るだけなので、歯質の損傷は最小限で行えます。

ラミネートベニア(審美歯科) ラミネートベニア(審美歯科)

ラミネートベニア(審美歯科)

ラミネートベニア(審美歯科)

ラミネートベニアにも、ハイブリッドセラミックやせと(陶材)のものなどがあります。

ブリッジ治療

不幸にも、歯がむし歯や歯周病などで抜けてしまった場合は、その部位を補填するためにブリッジ(Bdg)の治療を行います。

ブリッジ治療

ブリッジ治療の流れ

ブリッジ治療の流れ ブリッジ治療の流れ ブリッジ治療の流れ

ブリッジの実物

ブリッジ(側面) ブリッジ(咬合面)
ブリッジ(側面) ブリッジ(咬合面)
範囲の大きなブリッジ治療(フルブリッジ)
フルブリッジ(咬合面)
 
フルブリッジ  
フルブリッジが入る前 フルブリッジを入れた後
フルブリッジが入る前 フルブリッジを入れた後
フルブリッジが入る前 フルブリッジを入れた後
フルブリッジが入る前 フルブリッジを入れた後

上記のような範囲の広いブリッジの場合は、フェイスボウで顎の動きや咬み合わせを記録し、半調節性咬合器を使用します。

詳しくは入れ歯治療(総入れ歯・部分入れ歯)をご覧下さい。

治療の様子

治療の様子 治療の様子

せとのブリッジ(陶材焼付鋳造ブリッジ)は保険のものと比較して、色の変色がほとんどありません。