インプラント

インプラント

インプラントとは天然歯根の代用となる人工歯根(チタン製)のことです。インプラントを顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を作ります。

インプラント埋入のための手術が必要になりますので、治療期間も長くなりますが、入れ歯に比べ自分の歯のように違和感なく噛め、天然歯と同じような生活を送ることができます。見た目も自然で審美性にも優れています。

しのだ歯科医院のインプラント3つの特長

長期的な使用を見据えたインプラント

世界中で高い評価を受けているメーカーのインプラントシステムを採用

当院では世界中で高い評価を受けているメーカーのインプラントシステムを採用しています。インプラントの黎明期から研究開発に取り組み、安定した技術提供を続けているメーカーなので、メインテナンスに必要なパーツを確実に供給出来る体制が整っています。また、インプラント体は純チタン製で、歯肉との調和がとても高い素材である点でも安心です。

インプラント手術は安全性を考慮した2回法で行います

インプラントの手術方法

インプラントには1回法や2回法という手術方法があります。この数字はインプラントの骨内埋入手術と、歯肉を切開して支台をインプラントに連結するために行う外科手術の回数です。一般的に1回法は2回法より短期間で治療が終了するというメリットがありますが、当院では感染等のリスクが少なく、より安全性の高い2回法にて手術を行っています。

咬み合わせを考慮した治療

咬み合わせを考慮した治療

当院では義歯治療の際も口腔内を三次元的に診察し、健康的な咬み合わせを考慮しています。インプラント治療においても、歯が抜けた部分だけを診るのではなく、お口全体のバランスを考えた治療が可能です。咬み合わせの問題も合わせて解決し、健康なお口を手に入れましょう。

インプラント治療の流れ

STEP 1治療前のご相談

インプラント治療全般について、患者様のご要望や不安な点をお聞きします。疑問点がございましたら、お気軽にご相談ください

治療前のご相談

STEP 2口腔内の検査

治療計画を立てるために、まず口腔内の検査を行います。インプラント治療を安全に行ううえで、インプラントを埋入する顎骨の状態や神経、血管の位置を正確に診断することはとても重要です。しかし、従来のレントゲンでは平面の情報しか得られないため、細部の把握には限界がありました。当院では、お口の状態を立体的に撮影できる歯科用CTを導入し、より正確な診断を行っています。

歯科用CT

歯科用CT

STEP 3治療計画の作成

検査の結果をもとに、患者様に無理のない治療計画を立て、ご説明いたします。また、CT撮影で得られたデータを元に噛む機能や審美性を考慮しながら、埋入位置をシミュレーションしていきます。検査の結果、顎の骨の厚みが不足していてインプラントを埋入が難しい場合は、骨造成で土台となる骨を形成することも可能です。

治療計画の作成

骨量が足りない場合の骨造成(サイナスリフト・ソケットリフト)

骨量が足りない場合の骨造成

骨造成とは、上顎洞という空間の洞底を押し上げる処置を行い、骨の元となる材料を埋入することで骨の量を増やすという治療法です。骨造成は自家歯牙移植にも対応することができます。

自家歯牙移植

STEP 4第1次治療・インプラントの埋入手術

インプラント体(フィクスチャー)を顎の骨に植え込みます。手術といっても入院する必要はなく、痛みもほとんどありません。

インプラント体(フィクスチャー)

インプラントガイドでより正確・安全な手術を

インプラントガイド

インプラントガイドは、埋入手術の際にドリルがぶれたり角度や深さに間違いがないよう導く補助装置です。当院では優れた技術力を持つドイツのメーカーにガイドの作製を依頼し、シミュレーションを正確に再現できるよう体制を整えています。

STEP 5第2次治療・人工歯の作製と装着

インプラントが骨に定着するのを待ちます。定着にかかる期間は個人差がありますが、約2~6ヵ月必要です。人工歯を作るために歯列の型をとり、歯が完成したら実際に装着をし、咬み合わせ等を調整していきます。問題がないと判断した時点でしっかりと固定します。

人工歯の作製と装着

STEP 6メインテナンス

インプラントはむし歯にはなりませんが、細菌感染には弱いため、自分の歯以上の丁寧なセルフケアが必要になります。治療後は、正しいホームケアを行うとともに、医師の指示に従った定期検診が必要です。当院では各患者様に合わせたメインテナンスプログラムをご提案しますのでご安心ください。

予防治療

メインテナンス

インプラントを使用した総入れ歯

インプラントを使用した総入れ歯

口腔内に残存する歯がほとんどない場合に効果的な「インプラントオーバーデンチャー」という治療法です。支柱となるインプラントを埋め込んだ後に総入れ歯を併用します。歯ぐきだけで総入れ歯を支える場合と比較し、痛みが少なくしっかり噛めるというメリットがあります。

全歯についてインプラント治療を行おうと思うと高額な治療費が発生しますが、インプラントオーバーデンチャーであれば費用を抑えることができます。総入れ歯の装着方法も、アタッチメントを使用したりマグネットを用いるなど、様々な方法がありますので、お気軽にご相談ください。

インプラントオーバーデンチャー1

インプラントオーバーデンチャー2

インプラントオーバーデンチャー3

インプラントオーバーデンチャー4

TOPへ戻る

電話でのご予約

023-647-5022