入れ歯治療

入れ歯治療

合わない入れ歯の長期使用は様々な問題を引き起こします。入れ歯は食べにくい、邪魔だと感じている方も多いと思いますが、きちんとした理論、技術で入れ歯治療を行えば、ほとんどの問題は解消できます。

当医院では、患者様の年齢、病態、ライフスタイルなどを考慮して、患者様に最適な入れ歯(総入れ歯・部分入れ歯)をおすすめしております。

合わない入れ歯を使い続けるリスク

合わない入れ歯を長年使用していると、顎の土手(顎堤)に深い傷や腫瘍ができてしまうことがあります。また、入れ歯のかみ合わせなどが合わず、長期使用していると悪習癖(あくしゅうへき)や顎の関節への影響の問題などもおこってきます。

顎の形、骨の量、顎の動き方などは患者様ひとり一人異なります。

お口の健康を守るためには、ただ型を取って入れ歯を製作するのではなく、患者様のお口の中や顎の動きにあったオーダーメイドの入れ歯が必要です。

総入れ歯製作の流れ

新しい入れ歯ができるまでの間は、現在使用中の入れ歯を使用しなければならなりません。必要な場合は、使用している入れ歯の修理を行います。

1回目.大まかな入れ歯の型取り

まず、大まかな型から個別に合う枠組み(個人トレー)を製作いたします。2つめの写真は既製の枠組み(既製トレー)と印象材(型を取る粘土)でとれた型です。これに、石膏を流して模型を製作します。実際の入れ歯は紫の線のラインの大きさとなります。

大まかな型

大まかな型

大まかな印象材でとれた型

大まかな印象材でとれた型

大まかな型取りでできた模型

大まかな型取りでできた模型

出来上がった模型を使用して、個人専用トレーを製作します。

個人トレー表

個人トレー裏

2回目.模型

個別の枠組み(個人トレー)と精密な印象材を使用し、精密な型取りをします。精密印象から模型を製作します。この模型上で咬み合わせの記録を取るためのもの(咬合床)を製作します。咬合床はロウでできています。

精密な型取り(精密印象)

精密な型取り(精密印象)

精密印象からの模型

精密印象からの模型

咬合床

咬合床

3回目.咬合採得(咬み合わせの記録の採取)フェイスボウトランスファー

咬合床を使用し、咬み合わせの記録を取ります。この際、当医院では、個別の頭の位置と顎の位置の関係を記録するために、フェスボウトランスファーを行っています。この作業によって、個別の顎の動きに合った入れ歯を作成することができます。

フェイスボウ1

フェイスボウ2

フェイスボウと咬み合わせの記録を半調節性咬合器に移します。一般的に使用される平均値咬合器などでは、フェイスボウは行われず、平均的な値で作業を進めます。咬み合わせの記録は精密な記録がとれる材料(スーパーバイト)を使用します。

半調節性咬合器

スーパーバイト

半調節性咬合器にフェイスボウの記録と咬み合わせの記録が移されました。

咬み合わせの記録1

咬み合わせの記録2

この記録により、人工の歯(硬質レジン歯など)を半調節性咬合器上で並べます。この状態では、赤い部分はロウでできています。上下左右前方の咬み合わせのバランスを取ります。

記録を取った半調節性咬合器上でバランスを取ることによって、お口の中での入れ歯の調整は少なくてすみ、色々なミスも防止できます。

ロウでできた義歯1

ロウでできた義歯2

4回目.仮義歯(ロウ義歯)の試適

仮義歯

仮義歯(ロウ義歯)の試適を行います。ロウの入れ歯を患者様のお口の中に入れて、歯並びや咬み合わせや顎の位置など確認します。この時点で、必要であれば修正します。問題がなければ、次回までに入れ歯を完成させます。※写真の下顎は部分入れ歯です。

5回目.入れ歯の完成、装着

入れ歯装着

入れ歯を装着します。最短で、この5回の来院で装着となります。フェイスボウトランスファーと半調節性咬合器の使用により、お口の中での調整は最小限にすることが可能となります。個別の顎の動きに合ったオーダーメイドの入れ歯の完成です。※写真の下顎は部分入れ歯です

6回目以降

この後は、入れ歯の微調整と経過を見るために数回の来院が必要となります。入れ歯の使用には、次のような注意が必要となります。

入れ歯のトラブルを防ぐために

  • 不用意に、入れ歯を唇、舌などでいじらないようにしましょう。
  • やすりでけずったり、ペンチで曲げるなど、自分で調整しないようにしましょう。
  • はずしたときは、水の中に入れましょう。乾燥するとゆがんで合わなくなります。
  • 硬いモノの上に落としたり、熱湯をかけたり、火に近づけないようにしましょう。割れたり、変形したりします。
  • 洗う時は落としても良いように低い位置で作業しましょう。水を張った洗面器やタオルを敷いた上で洗うのも良いでしょう。

次のような場合は、当医院にご来院ください

入れ歯は人によって、形が違うモノですから、落ち着くまでに何回かの微妙な調整が必要な場合があります。市販の入れ歯安定剤の助けを借りたりして無理に使わないでください。次のような場合は、すぐに当医院にご来院ください。

  • 入れ歯があたって、歯ぐきに傷が付いているとき
  • 舌や頬の内側をよく咬むとき
  • 極端に発音がしにくいとき
  • 食べ物が非常に噛みにくいとき
  • 食事中や会話、また髭を剃る時など途中で入れ歯が落ちるとき
  • 糖尿病や大きな病気をした後、入れ歯が合わなくなったとき

定期検査を必ず受診しましょう

予防治療

入れ歯はお一人おひとりに合わせて作製するものです。私たちの顎の形は、常に少しずつ変化しているので、入れ歯もそれに合わせて調整しなければなりません。

緩んでがたついた入れ歯をはめていると、不便で見た目が悪いだけでなく、顎の骨を保護するうえでも良くありません。このようなことから、1年に1度か2度は必ず当医院に来院して定期検査を受けてください。

予防治療

部分入れ歯製作の治療

当医院では、保険の入れ歯でもコバルトクロム合金を使用しております。

総入れ歯と違い、部分入れ歯ではお口の中の残っている歯と入れ歯が混在する治療となります。そのために、残っている歯に問題がある場合は、それによって入れ歯がうまく作れない状態であることが多いのです。その場合は、入れ歯を作る前に、前処置として残っている歯の冠やむし歯の治療を行うこととなります。

部分入れ歯(下顎)

部分入れ歯(下顎)

金属の部分入れ歯(保険外)

金属の部分入れ歯(保険外)

これは、新しい部分入れ歯を入れる前のかぶせ物(ブリッジ)とバネ(クラスプ)の治療です。

ブリッジ

上顎のブリッジ(上から見た写真)

バネ(クラスプ)1

上顎のブリッジとクラスプ(上から見た写真)

バネ(クラスプ)2

このバネ(クラスプ)が部分入れ歯の維持に重要となります。

金属のバネ(クラスプ)をつけて、もともとの部分入れ歯を修理しました。これで、部分入れ歯を入れるための前処置(ここではブリッジを治したこと)が終了し、この後、必要であれば新しい入れ歯を作っていくことになります。

入れ歯製作の手順は総入れ歯とほぼ同様です。

このように、入れ歯が合わないといった時、その原因を調査して、お口の中全体を総合的に診て、また将来のことも考えて治療を行うことが重要なのです。

バネ(クラスプ)3

バネ(クラスプ)4

冠を用いたブリッジ治療

失った歯の両側の歯を削って土台を作り、橋渡しをするように連結した人工の歯を入れます。固定式のため、ほとんど装着感がなく、素材によっては保険適用内で治療できます。

ただし、連結した人工歯を支えるために、両隣の健康な歯を削らなければなりません。また、支えている歯に力が加わるため大きな負担がかかるというデメリットもあります。

ブリッジ治療1

ブリッジ治療2

ブリッジ治療3

健康な歯を削らず負担をかけない治療法として、自家歯牙移植インプラントもご検討ください。

顎補綴(がくほてつ)の治療(※顎の欠損を補う治療)

フェイスボウと半調節性咬合器の使用によって治った顎補綴の患者様

過去に顎骨骨随炎によって上顎が大きく欠損してしまっています。非常に難しい入れ歯治療のケースです。使用していた入れ歯では噛めず、使いにくいとのことで来院されました。

使用していた入れ歯の模型でフェイスボウトランスファーと半調節性咬合器による診査したところ、顎が曲がっていることや残っている歯の治療に問題があり、大きく傾いた入れ歯を使用していることがわかりました。

大きな欠損

入れ歯の傾き

早期に使用中の入れ歯の傾きをある程度修整し、もとの入れ歯の修理を行いました。

入れ歯の修整1

入れ歯の修整2

その後、使用中の入れ歯修理と残っている歯の冠治療も行います。最終的な治療を想定し、新しく作成する入れ歯に合うように治療していきます。これが計画性のある治療の意味なのです。前処置として残っている歯の治療を行うということは、新しい入れ歯の作成過程に位置づけられます。

新しい入れ歯作成のための模型がフェイスボウと半調節咬合器によって取りつけられたところです。咬合器上の作業はミスが少なく正確に行えます。※写真はロウで作成しています。

口腔内写真

模型1

模型2

新しくできた入れ歯です。上顎は欠損部を大きく補填しています。上顎用の入れ歯は総入れ歯(顎欠損を補填)、下顎用の入れ歯は部分入れ歯となっています。

入れ歯裏面

入れ歯表面

欠損部の補い

完成した入れ歯

咬み合わせバランスの良い新しい入れ歯が口腔内に入っている写真です。歯並びがキレイになりました。良好に経過しています。現在、患者様は明るく元気に過ごされています。

保険外の入れ歯

金属の入れ歯

これはチタン合金の入れ歯です。

チタン合金の入れ歯1

チタン合金の入れ歯2

チタン合金の入れ歯3

チタン合金の入れ歯4

プラスチック(レジン床)のものより、重量も軽く、かなり薄く設計もコンパクトに作ることができます。

チタン合金の入れ歯の薄さ

チタン合金の入れ歯

レジン床の入れ歯の厚み

レジン床の入れ歯

入れ歯には、保険適用可能なものと保険適用が認められていない入れ歯があります。保険が適用可能な入れ歯は、限られた道具と設計の中から選ぶしかありません。しかし、保険適応外の入れ歯は、最新の道具や設計を用いて作成できるので様々な面で優れています。では、具体的にどのような点に置いて保険適用外の入れ歯が優れているのでしょうか。金属の入れ歯は、薄くコンパクトに作ることができるよう、コバルトクロム合金やチタン合金を使用しています。

金属の入れ歯の利点

  • うすく、コンパクトである
  • 違和感が少ない
  • 強度がある
  • 熱などの温度を伝えやすい
  • 汚れが付きにくい
  • 歯周病に有利

金属床の総入れ歯

金属床

通常、厚いプラスチックで作られる義歯床(入れ歯を支える部分)が金属になっている総入れ歯です。熱伝導に優れているため、食べ物の温度を感じられ、食事を楽しむことができます。また、義歯床が薄いため、装着したときの違和感がない、お口の中が広く感じる、強度が維持できるなどのメリットがあります。

金属床の総義歯は料金の一部が保険で支払われます

金属床の総義歯は料金の一部が保険で支払われます。その分、患者様の負担が軽減されます。金属床総義歯とは、総義歯(総入れ歯)の床の部分に金属を使用したものです。金属床総義歯は、通常の義歯と比べ床がうすいといった快適性に特徴があります。

当医院で、金属床の総義歯(総入れ歯)を希望される場合は下記の価格の一部が特定医療費として保険で給付されます。特定医療費は診療日数などにより異なりますが、おおよそ4万5千円程度です。なお、特定医療費は通常の保険と同様に一部負担金がかかります。当院での金属床総義歯の価格は次の通りです。

金属の種類 上顎(1床当たり) 下顎(1床当たり)
チタン床 30万円 30万円
コバルトクロム合金(イオンコート) 25万円 25万円
コバルトクロム合金 20万円 20万円

患者様の歯ぐきなどの状態によっては金属床総義歯が適さない場合もありますので、事前に院長またはスタッフに相談ください。必ず領収書をお受け取りください。

ホワイトクラスプ

ホワイトクラスプ

白いバネの入れ歯(ホワイトクラスプ入れ歯)は、バネ部分がアセタル樹脂という熱可塑性レジン(歯科用プラスチック)でできています。このアセタル樹脂は従来の歯科用レジンと比較して、次のような点が優れています。

※ただし、ホワイトクラスプは条件が揃わなければ使用できません。

  • 強くて柔軟性があり、咬み合わせに合わせてたわむ
  • 耐疲労性が高い
  • 金属のバネに比べて、装着間も快適
  • 生体適合性が高い
  • 耐殺菌性で汚染しにくい

ノンクラスプ義歯

ノンクラスプ

金属のバネを使わず、柔らかい樹脂で製作した軽い入れ歯です。歯の表面に固定するための金属のバネがないので、審美性に優れています。

義歯床の厚さもかなり薄くすることができますので、装着した時の違和感もあまり感じません。

痛みが少なくしっかり噛めるインプラント総入れ歯

インプラントオーバーデンチャー

支柱となるインプラントを埋め込んだ後に総入れ歯を併用します。歯ぐきだけで総入れ歯を支える場合と比較し、痛みが少なくしっかり噛めるというメリットがあります。

総入れ歯の装着方法も、アタッチメントを使用したりマグネットを用いるなど、様々な方法があります。

インプラントオーバーデンチャー

TOPへ戻る

電話でのご予約

023-647-5022