電話でのご予約

023-647-5022

予約について

予約について

診療内容によっては、変更をお願いする場合や、予約時間よりお待たせしてしまう場合もございます。予めご了承ください。

※予約は1度につき、1回分のみ可能です。

予約について

予約について

診療内容によっては、変更をお願いする場合や、予約時間よりお待たせしてしまう場合もございます。予めご了承ください。

※予約は1度につき、1回分のみ可能です。

歯周病・予防治療

歯周病治療

歯周病治療

歯ぐきが腫れている、歯を磨くと血が出る、歯がぐらぐらする……。

そのような症状が気になる場合、歯周病が進行している可能性があります。歯周病は、歯を支えている周りの組織(歯肉、歯根膜、歯槽骨)が歯周病菌によって破壊されていく感染症で、治療をせずに放っておくと歯が揺れて噛めなくなり、最後には抜けてしまうこともある怖い病気です。30歳以上の多くの方々がかかっており、歯を失う原因の約半数が歯周病と言われています。

歯周病はどうして起こるのか

歯周病の原因は、プラーク(歯垢)の中の細菌です。

歯ぐき(歯肉)と歯の間にはポケットという1mmくらいのすき間があります。このポケットにプラークがたまるとやがて歯石となり、すき間を押し広げていきます。これにより歯肉が炎症を起こし、放置しておくと症状はますます悪化します。

プラークは、ブラッシングが充分でなかったり、砂糖を過剰に摂取することで増えるため、日々の生活習慣も歯周病を作り出す要因といえます。

食いしばりや歯ぎしりも歯周病リスクを高めます

歯を食いしばったり、寝ている間に歯ぎしりをする癖がある場合、どうしても歯に強い力がかかってしまいます。歯を支える骨が痛むことでポケットが広がると、プラークがたまり細菌感染を起こしやすくなります。

食いしばりはストレス緩和のために必要な行為とも考えられますが、歯科治療の観点から見るとリスクが大きく、放置することはできません。そのため当院では、咬み合わせの改善を取り入れた歯周病治療を行っております。

歯周病の進行度

歯周病の進行度

歯肉炎

歯ぐきが炎症が起きている状態です。歯を磨くと出血することがあります。早期発見の場合は正しい歯磨きだけで症状が改善することがあります。

軽度の歯周病

歯肉と歯の間のすき間(ポケット)が広くなり、そこから出血したり膿が出たりして口臭を感じるようになります。まずは歯科医院にて歯石の除去を行い、ご自宅での正しい歯磨きや生活習慣の改善により歯周病リスクを回避していきます。

中度の歯周病

ポケットでの炎症が慢性化し、歯の周辺組織が溶けていきます。口臭も強くなり、歯が浮いた感じがします。強くかむと痛みを伴い、歯がぐらついてきます。中度の歯周病の治療では、歯石の除去に加え歯の根の部分も専用の器材にて清掃します。症状が改善されれば、メインテナンス(定期的な検診、歯石の除去)に移行します。

重度の歯周病

歯根を支えている歯槽骨がほとんど溶けてしまいます。歯根が露出し、歯のぐらつきがひどくなり、最後には抜けてしまうこともあります。食事に影響が生じ、硬いものは食べられなくなります。ここまで進行してしまうと、手術等の外科的治療を検討しなければなりません。

歯周病と全身疾患との関係

歯周病と全身疾患との関係

歯周病の影響はお口の中だけに留まらず、心臓病や糖尿病などを悪化させる恐れがあります。また、逆に全身の様々な疾患が歯周病の発病や悪化の原因となることもあります。毎日の食生活を含めた生活習慣を見直し、歯周病を予防することが全身の生活習慣病を予防することにつながります。

歯周病の自覚症状

歯周病は早期発見と予防が重要です。下記の症状がある方は、お早めにご来院ください。また、初期の歯周病は自覚症状が現れにくいため、これらの症状に該当しない方も定期的な健診をおすすめします。

  • 朝起きたとき口の中がネバネバする
  • 歯磨きをすると歯ぐきから血が出る
  • 口臭が気になる
  • 歯肉がむずがゆい、痛い
  • 歯肉が赤く腫れている
  • 硬い物が噛みにくい
  • 最近歯が長くなったような気がする
  • 歯と歯の間にものがはさまりやすくなった
  • 歯ぐきが腫れる

    歯ぐきが腫れる

  • 口臭

    口臭

  • 口の中がネバネバする

    口の中がネバネバする

  • 歯ぐきから出血する

    歯ぐきから出血する

  • 歯ぐきから膿が出る

    歯ぐきから膿が出る

  • 歯がグラグラする

    歯がグラグラする

  • 食事時の痛み

    食事時の痛み

  • 歯ぐきがむず痒い

    歯ぐきがむず痒い

  • 歯が長く見える

    歯が長く見える

歯周病とタバコの関係

喫煙者は非喫煙者に比べ、ヤニなどでお口の中が不衛生になりがちです。

また喫煙により歯周病のリスクが高まり、治療しても治りにくいことが分かっています。

喫煙が口腔内に与える影響

  • ニコチンの血管収縮作用
    歯肉への血液の流れが悪くなり、酸素や栄養が欠乏します。また、老廃物の除去がうまくいかなくなります。
  • 歯肉の線維化
    歯肉が硬くなるため出血などの症状が出にくくなります。症状が出ないため早期治療が遅れる原因となります。
  • 白血球機能の抑制
    細菌と戦う白血球の防御機能が抑制され、歯周病菌が繁殖しやすくなります。
  • 歯肉収縮機能の低下
    ニコチンは傷を治す働きまで抑えてしまうので、手術後も治りにくくなります。

ニコチンの血管収縮作用

歯肉の線維化

白血球機能の抑制

歯肉収縮機能の低下

歯周病治療の流れ

審査・診断

当院ではまず歯周病の進行度を調べるため歯周病検査を行います(保険適応) 。

1本の歯に対して6か所歯周ポケットの測定、歯の動揺度、BOP(出血の有無)歯肉の中の歯石の有無などを検査します。歯周病の進行度によって、治療方法が異なります。

歯周病検査

スケーリング

歯周ポケット内にたまった歯石をスケーラーと呼ばれる専用の器具で除去していきます。軽度の歯周病であれば、スケーリングだけでも症状の改善が見込めます。

スケーリング

次亜塩素酸水を使用した超音波スケーラー

次亜塩素酸水を使用した超音波スケーラー

超音波スケーラー イラスト

スケーラーは石灰化している歯石を砕き除去するための器械です。先端チップを超音波で振動させることで、効率良く歯石除去を行うことができます。

当院ではスケーリングの際にも次亜塩素酸水を活用しています。次亜塩素酸水には殺菌作用や炎症を抑える働きがあり、うがいだけでは取りにくい歯周ポケットの中まで除菌できます。

ルートプレーニング

歯石によって軟化したセメント質が歯の根に残っている場合は専用の器具で取り除いていきます。歯石が再付着するのを防ぐために、歯の根を平らにします。

ルートプレーニング

FOP

歯周ポケットのに溜まった歯石が取り除けない場合に行う外科的治療で、歯ぐきを切開して歯石を除去していきます。歯周病の進行度によっては、このように外科的治療を要する場合があります。

FOP

歯周病治療後のメインテナンス

治療が終わった後も、再発予防のためメインテナンスが大切です。

2~3ヶ月に1度は歯科医院で定期的な歯垢・歯石除去を行いましょう。治療の他にも正しいブラッシングの仕方やストレス・病気・睡眠不足の改善など生活習慣の見直しも大切な治療のひとつです。

予防治療

予防治療

歯周病やむし歯は、歯科医院でのメインテナンスで予防することができます。

歯周病やむし歯の原因となるプラークは、自分ではなかなか落としきることができません。歯科医院でのプロフェッショナルケアなら、専用の器具と技術によってお口を清潔に保つことができます。入れ歯やインプラントなどの治療においても、定期検診で経過を見守ることで、トラブルを未然に防ぎ、長く使用することが可能となります。

メインテナンスの流れ

PMTC

PMTCとは歯科医師、歯科衛生士が専門の機械を用いて歯をクリーニングすることです。

食べかすによるプラーク(歯垢)はバイオフィルムと呼ばれるヌルヌル、ネバネバした膜を歯の表面に作ります。この膜の中にはむし歯や歯周病の原因となる細菌が住み着きます。バイオフィルムは歯ブラシでは取り除けないほど強力な粘着力を持っています。PMTCを定期的に行うことによってバイオフィルムを除去し、お口の中をむし歯、歯周病から守り健康な口元を維持することをおすすめします。

PMTC

フッ素塗布

フッ素が歯に触れると、歯の表面であるエナメル質の結晶が硬く強いものに変化します。これにより、歯質がむし歯になりにくくなります。当医院では高濃度のフッ素塗布を行っています。ご自宅でもフッ素入りの歯磨き粉などを使用するとより効果的です。

フッ素塗布

ブラッシング指導

メインテナンスの最後には、ご自宅でのセルフケアのためにブラッシング指導を行います。自己流の磨き方では歯を痛めたり磨き残しが生じるため、ブラッシング指導で正しい磨き方をマスターしましょう。患者様お一人おひとりに合ったブラッシング方法や、歯ブラシの選び方などもお伝えしています。

ブラッシング指導

医療用機能水「次亜塩素酸水」の活用

正しいブラッシング指導の他に、むし歯や歯周病菌を殺菌する効果のある次亜塩素酸水の使用をおすすめしています。次亜塩素酸水を洗口剤として使用することで歯周病・むし歯を予防するだけでなく、インフルエンザや風邪予防にも効果的です。

次亜塩素酸水

次亜塩素酸水

予防治療でお口の健康を守りましょう

これからは、歯が痛くなったり違和感を感じてから歯医者に通うのではなく、定期健診でお口の健康を守りましょう。

予防治療でお口の状態を管理し、清潔な口腔内を保つことで、歯周病やむし歯を未然に防ぐことができます。また、お口にトラブルが発生した場合でも、早期発見・早期治療により、最小限の治療で改善できるため、定期的に歯科医院でメインテナンスを受けることが重要となります。

定期健診でお口の健康を守る

TOPへ戻る

電話でのご予約

023-647-5022